2014年02月19日

デボラと結婚してみた

お久しぶりです。何度ドラクエVをプレイしてもどーしてもビアンカと結婚してしまうへたれですこんにちは。

どーしてもビアンカと結婚してしまう私ですが、この度、やり込みすぎて飽きたのもあり、今回はデボラと結婚するという暴挙に出てみました。
いやあ、なかなかいい女ですよデボラ。

ご存じない方のために説明しますと、ドラクエVというのは、ストーリーの途中で、三人の花嫁候補から一人を選んで結婚するんですね。
本命が幼なじみの元気娘ビアンカ。
対抗馬がお金持ちのお嬢様で優しいフローラ。
大穴がフローラの姉でキツくて性格悪くてどーしょーもないデボラ。
ま、普通はビアンカとフローラの二択で、デボラなんかもう、冗談で候補にいるだけなんですが。

いやあ、「俺の嫁」となると、悪態もギャクタイも可愛いもんですね。ベッドが狭いから床で寝ろとか、無体なこと言われるんですが、だんだん尽くしたくなってくる不思議。尻に敷かれる快感が……

で、なんで今更こんな古いゲームをやっているかっつーと、そうそう新しいソフトをポンポン買う資力がないからです。ドラクエの4、5、6、7、9を、延々と繰り返しやっている……10は本体を持っていないし、スマホ配信された8は、私のスマホでは容量不足で入れられないのであった。

他にやることないのか。

ぷよぷよとパズドラしかない。


ダメだこりゃ。
posted by へたれ at 17:11| Comment(0) | 携帯電話より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月08日

お友達にお願い!

久しぶりの更新でいきなりすみませんが、スマホがクラッシュしてしまいました。
突然液晶がうんともすんとも点かなくなるという壊れ方で、一応修理には出しましたが、たぶん機種変になるでしょう。
それはいいんだが、ボタン操作を画面上で行うスマホですから、液晶が真っ黒な以上なーんにもできず、代替機にも、今後買うであろう新しい機種にも、データが移せないそうです。SDカードって入れているだけで勝手にバックアップしてくれるもんだと思ってたのよ(バカ)。

そんなわけで、友人皆様の電話帳データをぜーんぶ失ってしまいました。
大変お手数ですがお名前と番号明記のメールを改めて送ってくださいぃー!!!!
いま代替機借りていますが私のアドレスそのまま使えますので。

中野のじいさん、見てたらじいさんも連絡よろしく。

久々すぎる更新がこんなんですみません。
仕事増やしちゃって最近週六日勤務で忙しいですが元気です(取ってつけたような近況)。
posted by へたれ at 16:44| Comment(1) | なんてことない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月29日

春だから更新

年をまたいでさぼってしまいました。もう誰も見ていないんじゃないか。

職場がアレだったり親が癌になったりいろいろありますが、おかげさまで家族みんな元気です。

この春はひとついいことありました。
チョッ太の担任の先生がやっと代わったこと(笑)。

昨年まで2年世話になっていた(いや世話になってねーけど)担任がものすごくアレで(『アレ』の多用をお許しください、なにしろ詳しく書くと個人攻撃になってしまうので)、年度末には夜に緊急保護者会という事態になり、そりゃもう振り回されたのです。
当時のチョッ太は学校行きたくないとは言わないものの、楽しんでいなかった。

学年上がって先生も代わって、生まれ変わったようの楽しそうに行っております。まだ新しい先生がいい先生か本当にはわかりませんが(すっかり不信)、とりあえずマトモというか普通の人でホッとしています。

春だし。

よそでつぶやいてばかりでなく、こっちももうちょっと書くクセをつけたいなー、と。前にも言ったな。


LINE はじめました。
何も考えず電話帳データ自動反映で使っているので、ずいぶん会っていないのにいきなり友達リストに私が現れて驚いた方すいません。
posted by へたれ at 18:51| Comment(0) | 携帯電話より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月27日

10年


チョッ太10歳になりました。

「親はなくとも子は育つ。が、子がなくては親は育たない」

というフレーズをある本で読んで、しみじみと実感した誕生日。


おめでとうより「ありがとう」をいいたい10年間。面白く育ってくれて、私のところにたくさんの経験と友と笑いと試練といろいろいろいろを、届けてくれてありがとう。
君を産んだ時は若く細く美しかった(本当だってば)おかあさんはだいぶ神経と体が太くなりましたが、元気におばさんやってる今が幸せです。
これからもよろしく。
posted by へたれ at 23:04| Comment(0) | 携帯電話より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月22日

ももクロすごいね。

ケーブルテレビで放送されていたももいろクローバーZのライブ映像を、なんだか口を開けて観てしまった。みいってしまった。

すごおおおい。面白い!

ライブがすごい子たちだと、なぜかおっちゃんらから聞いていて、ダンナより年上のじじい(失礼)たちがやたらはまっているので気になって観たのですが、想像以上でした。

例えばディズニー。
例えば宝塚。
例えば一昔前の(イタくなかった頃の)ユーミン。
例えばラスベガス(行ったことないけど)。


なんていうか、プロ。すげえプロ。これは楽しいよそりゃ!!



おばさんに好かれるなんてのは想定外だろうが、おばさんはファンになりそうです。
posted by へたれ at 22:26| Comment(0) | 携帯電話より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月04日

クイーン

最近、QUEENのライブDVDをやたら観ています。
いいなー。やっぱ好きだなーボヘミアンラプソディ。

もちろん、リアルタイムではありません。私が物心つく前のバンドです。ボヘミアンラプソディなんて、私が生まれたのと同じ年にリリースされているし。

それが今でも愛されているのが凄い。日本だったら、演歌とかフォークの「懐メロ」扱いになっていてもおかしくないのに。平成生まれのチョッ太ですら、「We Are The Champions」なんて「知ってる!!」って言う(まあ、CMソングになっているからですけど)。
私にはフレディの変態ちっくな衣装やパフォーマンスがもはやギャグで(ゲイだからってあんなに脱いでいかなくても……)面白いです(ピュアなフレディファンの方すみません、もちろん声も曲も好きですよ)。

ところでボヘミアンラプソディ、結婚式の退場曲に使おうとして、式場の音響さんに却下された、という過去があります。
「結婚式には相応しくないかと……」
そう!私は恥ずかしながら、歌詞を和訳したらどうなるか、知らなかったっ。

最近NHKの番組で歌詞の全文の和訳を知り、

「そりゃ式場の人反対するわ!!」

と、納得しました。

知らない人がいるかもしれない(いないかもしれない)ので一応解説しますと、冒頭の歌詞を和訳すると、

「ママ、今、人を殺した」

です。

殺人を犯しちゃってどうしよう、と、ママに思わず呼び掛けている。
結婚式で使えるわけがなかった(笑)。


でも、やっぱり美しい歌。
posted by へたれ at 22:33| Comment(0) | 携帯電話より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月03日

今一番好きな芸人さん

久しぶりに倉知淳を読んで思ったこと。

猫丸先輩を実写でやるなら、バカリズムがいいと思います。


桝野さんジャストマイタイプ。
posted by へたれ at 20:42| Comment(0) | 携帯電話より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月14日

お久しぶりです

本日付けで37歳になりましたへたれです。
37だって。子供時代はものすごいおばさんだと思っていた年齢ですが(若い人から見たら充分におばさんだろうが)、なんかあんまり成長がなくてどうしよう。
いや若ぶるつもりではなく。気が若いアピールでもなく。50を迎えたダンナ見ていても、人はいったいいつオトナになるのか?まるで実感がありません。

そう、うちのダンナったら50になったんですよそういえば。映画が夫婦で2000円で観られちゃうんですよ(そういうシニア割引がある)。結婚当初はロリコンだの犯罪者だの散々言われたダンナと夫婦になってもう11年、今日は誕生日であると同時に結婚記念日でもあります。毎日なかなか幸せです。

更新の度に近況報告でなんですが、転職しました。職種は変わらないけど。
あまり詳しくは書けませんが、いろいろあっていわゆる「普通の学校」(普通ってなんだよ、という深い話はまたの機会として、便宜的にこう言っておきます)に通うのが困難なティーンエイジャーたちのところで、9月から働いております。すげえ大変です。が、勉強になることが多いです。人間死ぬまで修行。

自分が、人生の半分ぐらい(たぶん)まで来たせいか、それに伴って親も年を取り子供がメキメキニョキニョキと音を立てて大きくなりだいぶかわいくないサイズになってきて、最近、年の取り方というか老後の計画とか、こうありたい死に方とか、そんなことを考えたりします。

死ぬときに家族がそばにいたらいいなあ。とか。
子供に迷惑かけない年寄りになりたいなあ。とか。

こういうこと言っているババアは案外なかなか死なないんだけど。


長患いせずにコロッと、上手に見送られたいものです。


いやまだまだ生きますけどね。誕生日になに言ってんだか。



練馬のおばちゃんとして地味に生きていられる平凡に感謝する日です。
ダンナとチョッ太に、私をおかあちゃんにしてくれてありがとう。


そんな誕生日。
posted by へたれ at 19:12| Comment(4) | 携帯電話より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月09日

百均おやつ

DSC_0936.JPGDSC_0944.JPG
チョッ太が最近市販された、「プッチンプリンをアイスキャンディーにできるやつ」が欲しいと言うが、そんな用途の狭いマシン買いたくないので、ダイソーでこういうものを買ってきて、プリンアイスバー作ってやりました。

大好評。

どやさ。
posted by へたれ at 18:56| Comment(0) | 携帯電話より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月01日

シャチ愛

海の生き物で、いや地球上の、知っている生物の中で一番好きなのがシャチです。昔から。
なんでこんなに好きなんだろうと不思議にも思いますが、あの神々しいまでの大きさ、美しい模様、愛嬌のありすぎるフォルム、優美な泳ぎ、ショーで魅せてくれる賢さと好奇心とプロ意識(?)、いやいやいや、そんなんよりもう、存在するだけでもう。どうして好きかという理由などいらないかもしれません。

チョッ太も、小さい時に鴨川シーワールドではじめてシャチを見てから、なんか異常にシャチファンに。特に巨大なビンゴ(もうそうとうなじいさんシャチ)がお気に入り。
数年後再訪した鴨川ではビンゴの孫?になるのかな、また赤ちゃんが生まれていて(アースくん)、生まれた時から2メートルぐらいあるのにビンゴやステラやラビーと並ぶとすごい小さく(見えた)て、可愛かったこと。
一人500円もする「シャチと記念撮影」までしてしまった(家族全員で一緒に写るのにワンカット500円でなく一人500円だ、しかも競争率高いから朝から雨の中並んで権利を買ったんだっ)。

これらの出会いによりシャチマニアなチョッ太、最近、鴨川のラビーの出産を物語の中心にして、シーワールドのシャチ飼育の歴史、極めて珍しかった(らしい)飼育下での繁殖の苦労、三代に渡る系譜について、シーワールドの獣医さんを取材したドキュメントを子供向けに書いた本を図書館で借りてきた。
続いて、大人向けの解説書も。

海の殺し屋と呼ばれる、オタリアやアザラシ、ペンギンやイルカを襲って食べるシャチと、魚を食べて人にもなつくシャチとは、厳密には別の種類であること(哺乳類を襲うシャチは回遊型で神出鬼没という意味でトランジエント、魚が主食のシャチは定住者という意味でレジデントと呼ばれ区別されているそうです、たぶん水族館で飼われているのはレジデントなんでしょうね)、白黒模様の理由やジャンプなどの行為の理由はまだ完全には解明されておらず謎の多いこと、研究のさかんな北極圏の海ではそれでもたくさんのシャチに名前や番号がついてかなり個体識別されていること、住む海域によってあるいはポッド(群れ)によって漁や狩りの仕方が違ったり、年長のメスが若いメスの子育てを手伝ったり成人のオスが若いオスに泳ぎの手本を見せたりという、「教育」が行われていること。
いろいろ、知ることができて、一緒に本を読んだ私も面白く、大変勉強になりました。

それでシャチ熱が二人して再燃して、アラスカに行きたくて仕方がない。宝くじ当たらないかなっ。

チョッ太、こんだけシャチに詳しくなったんなら、夏休みの自由研究、シャチにしたらいいんじゃないかな。


そう簡単には会いに行けないので、せめてスマホの待受をシャチの泳ぐライブ壁紙にしてみました。そんなんでもウットリしちゃって、二人でついつい眺めてしまって、電池がすぐなくなります。


ただシャチが好きなんだ!という話が長文ですみませぬ。
posted by へたれ at 20:33| Comment(0) | 携帯電話より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。